渋谷スクランブルスクエアへの行き方(JR線の方はムズい。。)

渋谷スクランブルスクアと渋谷駅各路線との位置関係

渋谷駅から近すぎて逆に迷ってしまう典型的な施設の渋谷スクランブルスクエア。

渋谷スカイ目当ての人は、複数路線の交錯具合は要注意かもです。

しかも11月開業ということもあって、まだ駅構内のスクランブルスクエアへのナビはあまり整備されていません。

以下渋谷駅5路線改札からの経路詳細です。

路線ごとの経路

渋谷スクランブルスクエアへの経路(各路線の主要改札から)

渋谷スクランブルスクエアへの行き方経路(渋谷駅の主要改札から)


渋谷駅に乗り入れる各路線の位置関係

渋谷駅の構内図(各路線の位置関係)

路線図をスクランブルスクアエアの位置と重ねてみると、

スクランブルスクエアと東横/副都心線、銀座線とは直結の位置関係。

JR線は改札が点在するので、改札によってはわかりにくい経路かもです。

半蔵門/田園都市線、京王井の頭線はちょい離れているので、アクセス経路は正確にイメージしておきたいところですね。

JR線

念の為ですが、JR線は、改札が5つあるので、まずは改札の位置関係から確認します。

渋谷駅の構内図(JR線、改札の位置関係)

選択肢が多い分迷ってしまうかもですね。実は階層がそれぞれ異なるのもちょっとやっかいかもですね。

参考:渋谷駅構内図

渋谷駅リニューアル(前と後の位置関係)【新旧】渋谷駅の構内図 簡易な凝縮版

ハチ公改札(地上)から

渋谷スクランブルスクエアへの行き方(JR渋谷駅のハチ公改札から)

まずはハチ公改札(1F)を出ます

JR線渋谷駅のハチ公改札

宮益坂口へ向かう

ハチ公側が、渋谷駅の西側ですので、反対側の東側のバスターミナルの方(宮益坂口)に向かいます。

※ハチ公改札は厳密には3レーンに分かれています。出るレーンによっては、広場に沿ってぐるっと回って宮益坂口側に回る必要もあります。

渋谷スクランブルスクエアへの行き方(JR線ハチ公改札から)

現在工事中の細道を抜けます

渋谷駅のハチ公改札前の通路

細道をくぐり抜けて、宮益坂口に出ます。ここも東口バスターミナルのリニューアル工事中です。3Fを走る銀座線の線路のちょうど下(高架下)あたりです。

高架下をくぐります

渋谷駅の宮益坂口、高架下

高架下のむこうに見える鋭利な刃物がガラスにくっついた建物がスクランブルスクエア東棟です。

スクランブルスクエア(東口バスターミナル前)に到着です

渋谷駅の東口(スクランブルスクエア東棟前)

特徴のあるガラス張りのビルがスクランブルスクエアの東棟です。

玉川改札(2F)から

JR線の玉川改札は、スクランブルスクエアとは逆向きの西を向いている改札なので、改札を出て、ぐるっとUターンして東にあるスクランブルスクエアに向かうことになります。

渋谷スクランブルスクエアへの経路(JR玉川改札、JR中央改札起点)

まずは2FのJR玉川改札を出ます

JR線渋谷駅の玉川改札

玉川改札は、東急百貨店の中にいきなり出てしまう改札なので、方向感覚を見失う可能性大です。

しかも足の踏み場もないほど混雑しています。スーツケースを引っ張って歩くだけでも大変です。

改札を出たら、売店側に進みます
左に見える急な階段を上ります

渋谷駅の急な階段(JR中央改札前)

ジューススタンドとお蕎麦屋さんの前に利便性を無視した急な階段があります。

さらに段差を上ります

渋谷駅のJR中央改札前の通路、段差階段

急な階段を上ったスペースには、左に銀座線の降車専用改札、右にJR中央改札があり、ごった返していますが、さらに段差を上り進んでください。

スクランブルスクエアの西側エントランス(3F)に到着です

渋谷スクランブルスクエアの東棟の入り口前

開けた新しい建造物が、スクランブルスクエア東棟です。到着です。

中央改札(3F)から

JR線渋谷駅中央改札から渋谷スクランブルスクエアへの行き方

まずはJR中央改札(3F)を出ます

渋谷駅のJR線中央改札前のスペース

JR中央改札には出て正面に銀座線降車専用改札があり、左には急な下り階段があります。右側にはさらに上る段差があります。

段差を上ります

左の急な下り階段は降りずに、右の工事中の細道に向かいます。

渋谷駅のJR中央改札前の通路、段差階段

渋谷スクランブルスクエア東棟に到着です

渋谷スクランブルスクエア東のエントランススペース

細道を抜けた開けた吹抜けスペースが、渋谷スクランブルスクエアの東棟入り口です。到着です。

南改札(地上)から

JR渋谷駅は、ほんっと、改札が各フロアに点在してるので注意です。

念の為、南改札は地上に位置する改札です。

JR線渋谷駅の南改札からスクランブルスクエア東棟へのアクセス経路

まずは南改札を出ます

渋谷駅のJR線南改札

工事中の細道へ向かう

渋谷駅の構内通路(南改札前)

南改札をでたら、みどりの窓口のある方向ではなく、工事中の細道へ向かいます

位置的にはこの細道突き当りの壁の向こうが、スクランブルスクエア東棟なのですが、、構造上、直線では連結しないのか?ぐるっと迂回して行く感じになりますね。

スクランブルスクエア東棟のエスカレーターエリアに到着です

渋谷スクランブルスクエアの1Fエスカレーターの前

細道を出たエリア、エスカレーターが5レーン並ぶところがスクランブルスクエア東棟です。到着です。

※渋谷駅、各路線の構内には、縦の導線をスムーズにするためのエスカレーターが集まったエリアが複数あります。

方向を確認するための目印として覚えておくと駅構内で迷う確率は減ると思います。

新南改札(3F)から

ちょい歩きます。270m、4分程度

渋谷ストリームの施設内の通路を抜けて、国道246の上のデッキを渡る経路です。

渋谷スクランブルスクエアへの行き方(JR線渋谷駅新南改札からの経路)

まずは、新南口改札(3F)を出ます

JR渋谷駅の新南改札

ホテルメッツビルの3Fに位置する改札なので、ビルを降ります。

渋谷駅の新南口(ホテルメッツ内)

エスカレーターのあるビルへ向かう

渋谷駅の新南口前、遠くに見える渋谷ストリームのビル

エスカレーターのあるビルが、渋谷ストリームです。新南口前の通りを左右見渡して、エスカレーターが見えるビルはここしかないです。

エスカレーターを上ります

渋谷駅の新南口側のストリームのエスカレーター前

ストリーム内の通路を道なりに進みます。

個人的にはキレイな高架下って感じの店舗が多い?かも

渋谷ストリーム施設内の通路

デッキを渡ります

渋谷ストリームとスクランブルスクエア東をつなぐデッキ(国道246の上)

突き当りに渋谷ストリームとスクランブルスクエア東棟をつなぐ特徴的なデッキが見えます。

スクランブルスクエア東棟の南入り口に到着です

渋谷スクランブルスクエアの東棟入り口(南側)

国道246上のデッキを渡ると、スクランブルスクエア東棟です。到着です。

東横/副都心

4つある改札の内、ヒカリエ改札(1と2両方)が最短です。

そもそも東横/副都心線は、明治通りの地下5Fに位置してます。

渋谷駅の構内図(東横/副都心線の位置)

東横/副都心線の改札は4つ、改札の位置関係は以下。

扇の形の宮益坂中央改札を中心に、縦に伸びているのが東横/副都心の改札エリアです。

※左に伸びているのは半蔵門/田園都市線の改札エリアです。

渋谷駅の構内図(東横/副都心線、改札の位置関係)

※もう一個注意!
東横/副都心線の改札内のコンコースは、半蔵門/田園都市線と改札内乗り換えできる構造ですので、間違えて、半蔵門/田園都市線側に行かないように注意です。

宮益坂改札(宮益坂中央改札/宮益坂東改札)から

宮益坂両改札から、単純にまっすぐの経路です。若干スロープになってます。

渋谷スクランブルスクエアへのアクセス経路(東横/副都心線、宮益坂改札から)

まずは宮益坂中央/東改札を出ます

渋谷駅、東横/副都心線の宮益坂中央改札

この扇形の改札(宮益坂中央改札)は大混雑地帯でもあります。半蔵門/田園都市線とは改札が共用のため。

このエリアで行き先を間違う人多いです。。

この宮益坂改札を起点にして、2方向に通路が伸びていることをイメージすると、方向感覚がつかみやすいと思います。

渋谷駅東横線の宮益坂中央改札からのナビゲーションマップ

左に伸びる通路を進むと109に行ってしまいます。ヒカリエ改札方面に向かってくださいね。

ヒカリエ方面に向かいます

渋谷駅の東横/副都心線の地下通路マップ

東横/副都心線のヒカリエ方面に向かう通路(動く歩道)

若干下るスロープになっています。

ヒカリエ改札の前、スクランブルスクエア東棟に到着です

渋谷スクランブルスクエア(東横/副都心線出口)

目印は、ヒカリエ改札もしくは吹抜けが探せれば向かいやすいかもですね。

クリスタルなガラスのイメージ、ドット柄のような目出す模様の柱、建物がスクランブルスクエアです。

ヒカリエ側の柱等のデザインはシンプルでひと目を引く感じではないのですが、スクランブルスクエア側の柱は結構目立ちます。

渋谷スクランブルスクエアB3Fに到着です。

ヒカリエ(1、2)改札から

宮益坂中央改札、宮益坂東口改札より南側のヒカリエ改札からでると、スクランブルスクエア東棟はど真ん前ですね。楽ちんです。

渋谷スクランブルスクエアへのアクセス経路(東横/副都心線のヒカリエ改札から)

東横/副都心線側に4つある以下の改札のうち

宮益坂中央改札
宮益坂東口改札
ヒカリエ1改札
ヒカリエ2改札

ヒカリエ改札から出れば楽ちんなので、駅のホームを降りた段階で、どっち側に行けば、ヒカリエ改札なのかチェックしておいた方がスムーズです。

東横/副都心ホーム内の改札の位置を示すナビ↓

渋谷駅の東横/副都心線の駅ホーム内のナビ

宮益坂中央改札/宮益坂東改札の方からでてしまうと、逆方向に向かってしまう可能性も結構あるので注意ですね。

渋谷駅の東横/副都心線の地下通路(スクランブルスクエアへの経路)

ヒカリエ1(ヒカリエ2)改札を出ます

渋谷駅のヒカリエ2改札

目立つ装飾の柱がスクランブルスクエアの東棟です

渋谷スクランブルスクエアの地下3F、東横/副都心との直結部分

クリスタルガラスに白いドット柄は駅構内では結構インパクトがあります。遠めでも気づきやすいです。

多分この目立つ柱、新しい待ち合わせ場所になったりするのでは。。

銀座線

3つある降車専用の銀座線改札のうち宮益坂口方面改札が最短です。

銀座線はスクランブルスクエアと隣接している感じですが、実は落とし穴もあります。

渋谷スクランブルスクエアへの行き方(銀座線宮益坂方面改札から)

そもそも銀座線は、南北に走るJR線を横からぶった切る感じで位置しています。

スクランブルスクエア渋谷東棟と銀座線の位置関係

島が2つで入場ホームと降車専用ホームが別れている2面構造です。降車用の改札は3つ横並びです。

たくさんの人がさばけるんでしょうけど、乗車時と降車時にビルの反対側から出ることになってしまうので、乗り換えに迷う人が多い路線です。銀座線渋谷駅の5改札の位置関係

特に、東急百貨店方面改札から出たら、東急百貨店の中にいきなり放り出されるので注意です。

宮益坂方面改札から

降車専用ホームとはいえ、、こんなに狭い改札ってどうなんだろ。。といつも思います。

宮益坂方面出口を出ます

渋谷駅、銀座線の宮益坂方面改札

2人分の幅しかない通路です。

細道を抜けるとスクランブルスクエアの連結部分です

渋谷スクランブルスクエアの3Fエントランススペース

JR中央改札の前の降車専用改札から

スクランブルスクエアと距離は近いものの、駅構内のナビがしっかりしてないので、逆方向に行ってしまう人も多いようです。

渋谷スクランブルスクエアへの経路(銀座線の降車専用改札から)

まずはJR中央改札前の改札を出ます

渋谷駅、銀座線の降車専用改札(JR中央改札前)

※銀座線の改札で、ここだけ改札名称がついていません。便宜上ここでは「JR中央改札まえの改札と呼んでます。」

段差を上ります

渋谷駅の銀座線降車専用改札前の段差

ナビにあるように、ヒカリエ、東横/副都心線方面に向かいます。

工事中の細道を進みます

渋谷駅の銀座線降車専用ホーム前の通路

スクランブルスクエア東棟のエントランスに到着です

渋谷スクランブルスクエアの東棟、エントランス

東急百貨店方面改札から

この経路は要注意です。。

銀座線の「東急百貨店方面改札」だけは鬼門で、、別の銀座線改札だったら、3F通路をサクッと行けばスクランブルスクエア到着なのに、、

東急百貨店改札から出てしまうとぐるっと迂回してこないといけなくなります。

渋谷スクランブルスクエアへの行き方経路(銀座線の東急百貨店方面改札から)

銀座線は乗車専用の改札と、降車専用ホームが別れているのですが、見通しがとっても悪いのです。

あそこ、なんとなく人の流れで東急百貨店方面改札から降りちゃうんですよね。。

銀座線からスクランブルスクエアに向かう場合には、駅のホームを降りる段階で、百貨店の改札からは出ないよう、気に留めておきたいところです。

まずは東急百貨店方面改札を出ます

渋谷駅、銀座線の東急百貨店口改札

改札を出ると尋常ではなく天井が低く、しかも狭いです。

渋谷東急百貨店内、銀座線改札前

エスカレーターを降りて、JR線玉川改札(2F)前に

東急東横2Fエスカレーター前(玉川改札前)
エスカレーターを降りるとこんな景色↓

渋谷駅の2F玉川改札前の通路

迷わない方が不思議な、人混み。。

ここもほとんど、方向感覚がつかめない場所です。

暗いし、人混みすごいし、柱がじゃまですし、柱のデジタル広告も煩わしいです。

急階段を上ります

渋谷駅の急な階段(JR中央改札前)

おそばや(しぶそば)、ジューススタンドの前に急な階段があります。

JR中央改札の前のスペースに出ます

渋谷駅のJR線中央改札前のスペース
このスペースから天井のナビに沿って東横/副都心方面へ向かいます。

さらに段差を上ります

渋谷駅のJR中央改札前の通路、段差階段

細道を進みます

渋谷駅の銀座線降車専用ホーム前の通路

銀座線降車専用改札前の通路を進行方向に進みます。

渋谷スクランブルスクエアに到着です

渋谷スクランブルスクエア東棟3F通路

半蔵門/田園都市線

半蔵門/田園都市線からは若干の距離があります。道玄坂改札からは320m、徒歩5分程度。

ハチ公改札から

渋谷スクランブルスクエアへの行き方経路(半蔵門/田園都市線の改札から)

経路のイメージとしては、「宮益坂中央改札に向かっていき、直角に曲がる」です。

半蔵門/田園都市線、渋谷駅改札からヒカリエ方面へ向かうナビ

まずは半蔵門線ハチ公改札を出ます

渋谷駅、半蔵門/田園都市線のハチ公改札

東横/副都心線方面に進みます

東横/副都心線方面(宮益坂中央改札がある方へ)へまっすぐ。

渋谷駅の地下通路(東横/副都心線へ向かう)

半蔵門/田園都市線のハチ公改札は、厳密には2つ(東向きと西向き)あります。

西向きのハチ公改札から出てしまった場合は、ちょっと迂回する感じになってしまいますので注意です。

渋谷駅半蔵門/副都心線、ハチ公改札から東横線へ向かうナビ

宮益坂中央改札を直角に曲がる

渋谷駅東横線、宮益坂中央改札からヒカリエ方面に向かうナビ

突き当りの特徴的な形の「宮益坂中央改札」を右に曲がってください。

ゆるいスロープを下ります

渋谷駅、東横/副都心線の通路(動く歩道)

宮益坂中央改札からスクランブルスクエアへ向かう経路

「どこの施設へはこっちへ」みたいなナビは、基本ないのですが、手書きで書いてある場合もあります。

渋谷駅、東横線の通路内の渋谷ストリームへのナビ

たぶん、今後、スクランブルスクエアへのナビも手書きで作成されると思います。

吹抜け、改札のあたりがスクランブルスクエアです

スクランブルスクエア渋谷のB3F入り口エントランス

道玄坂改札から

渋谷スクランブルスクエアへの行き方経路(半蔵門/田園都市線の道玄坂改札から)

経路のイメージは「宮益坂中央改札を直角に曲がる」です。

半蔵門/田園都市線、渋谷駅改札からヒカリエ方面へ向かうナビ

まずは、道玄坂改札を出ます

渋谷駅、半蔵門/田園都市線の道玄坂改札

東横/副都心線方面に進みます

渋谷駅、半蔵門線改札前の通路を東横線方面へ向かうナビ

半蔵門/田園都市線のハチ公改札は、厳密には2つ(北向きと西向き)あります。

西向きのハチ公改札から出てしまった場合は、ちょっと迂回する感じになってしまいますので、方向間違わないように注意です。

渋谷駅半蔵門/副都心線、道玄坂改札から東横線へ向かうナビ

宮益坂中央改札を直角に曲がる

渋谷駅東横線、宮益坂中央改札からヒカリエ方面に向かうナビ

突き当りの扇形の改札「宮益坂中央改札」を右に曲がってください。

ゆるめの下り坂をまっすぐ

渋谷駅、東横線の通路(動く歩道)

目立つ柱がスクランブルスクエアの入り口です。

スクランブルスクエア渋谷地下3F

夜空のようなイメージのデザインの柱が目印です。スクランブルスクエア東のB3Fエントランスに到着です。

井の頭線

若干、距離あります。中央改札からだと270m、4分程度。

中央口改札(2F)から

渋谷スクランブルスクエアへの行き方経路(京王井の頭線の中央口改札)

まずは井の頭線中央口改札(2F)を出ます

京王井の頭線の渋谷駅中央口改札

天井高い通路をまっすぐ

京王井の頭線の中央口改札前の天井の高い通路

真ん中に階段が見えますが、銀座線へ向かう通路なので、階段は上らずにまっすぐ進みます。

岡本太郎の絵画を目印にまっすぐ

渋谷駅、京王井の頭線の通路(岡本太郎の絵画の下)

突きあたりに見える玉川改札を右へ

渋谷駅の東急百貨店東横店内通路(玉川改札前)

(玉川改札前の売店がある方向へ)

JR渋谷駅、玉川改札前(売店前)

急な階段を上ります

渋谷駅の急な階段(JR中央改札前)
ジューススタンドとしぶそばの前に急な階段があります。

さらに段差を上って進みます

JR渋谷駅の中央改札前のスペース奥の階段

急な階段を上りきると、JR中央改札と銀座線の降車改札前のスペースがあります。そのスペース奥の段差を更にすすんでください。

スクランブルスクエア東棟に到着です

スクランブルスクエアの西側入口
スクランブルスクエア東棟の西側の入り口スペース(3F)に到着です。

アベニュー口(3F)改札から

渋谷スクランブルスクエアへの行き方(井の頭線渋谷駅のアベニュー口から)

まずはアベニュー口改札(4F)を出ます

京王井の頭線、渋谷駅のアベニュー口

マークシティの4Fにあるアベニュー口改札。ここに来るならそもそもレストランに食事をしに来ているはずなので、ここからスクランブルスクエアに向かうとは考えにくかったりしますが、、

ナビに沿ってJR線方面に進みます

渋谷マークシティ内のナビ看板

渋谷マークシティ内の通路

細道の先は開けた吹抜け

京王井の頭線の渋谷駅通路(吹抜け)

このままスロープを進むと、銀座線の改札にたどり着いてしまうので、ワンフロア階段を降りてJR線方面に向かいます。

広い吹抜けスペースからJR線方面へ

渋谷駅、京王井の頭線の通路(岡本太郎の絵画の下)

岡本太郎氏の壁画の下を抜けて行きます。

JR渋谷駅、玉川改札前(売店前)

急な階段を上ります

JR線渋谷駅の中央改札前の急な階段

ありえない角度の旧階段が左に見えて来るはずです。。

スペース奥の段差をさらに上ります

JR渋谷駅の中央改札前のスペース奥の階段

急な階段を上りきると、JR中央改札の前のスペースに出ますが、そのスペース奥に段差があるのでさらに上って進みます。

工事中の細道を抜けるとスクランブルスクエア到着です

スクランブルスクエアの3F、西側エントランス

西口改札(地上)から

ちょい距離があってわかりにくいかもですが、井の頭線西口を出て、マークシティの建物に沿って、地上の道路を信号まで進みます。

信号を渡ったら、東急百貨店の中を突き抜けて行く感じです。

渋谷スクランブルスクエアへの行き方(井の頭線渋谷駅の西口から)

まずは井の頭線西口(地上)を出ます

京王井の頭線、渋谷駅の西口

頭上には井の頭線が走ってます。高架下なので薄暗いスペースです。

井の頭線、西口改札をでると、こんな景色↓ 天井が低く迫ってくる感じ

井の頭線、渋谷駅の西口改札前(本屋前)

高架下から本屋側に出て、ゆるいスロープを下ります

京王井の頭線の西口前の通路

井の頭線高架下の信号を渡ります

京王井の頭線の高架下の信号

京王井の頭線、高架下の信号を渡る

銀座線ナビ下の入口へ

ここわかりにくいのですが、信号を渡った後、正面の東急百貨店ビルに銀座線へ向かうナビがあるはずです。

東急百貨店の銀座線へのナビ下の入口

そこから階段上って行くと、JR玉川改札へ最短距離で行けます。

渋谷東急百貨店の通路

通路の突き当りは玉川改札↓

渋谷駅の東急百貨店東横店内通路(玉川改札前)

つきあたりのJR玉川改札を右へ

JR渋谷駅の玉川改札

急な階段を上ります

渋谷駅のJR中央改札前の急な階段前

JR中央改札前のスペースにでます

渋谷駅のJR線中央改札前のスペース

奥の段差をさらに上ります

JR渋谷駅の中央改札前のスペースにある階段(段差)

手書きでヒカリエ方面と書いてありますね。

工事中の細道を進みます

渋谷駅の銀座線降車専用ホーム前の通路

渋谷スクランブルスクエア東棟に到着です

渋谷スクランブルスクエア東のエントランススペース

新設のビルのひらけたスペースがスクランブルスクエア東棟のエントランスです。到着です。

渋谷スクランブルスクエアってどんなとこ?

駅周辺にできる商業施設は、どれも似たりよったりになりがちなのですが、「渋谷スクランブルスクエア」も展望施設を除いては、テナント構成はごくごく一般的なものに思えます。

ちょっとネガティブですが、何が無いのかという視点でみると、

ホテルなし、
映画館なし、
音楽ホールなし、
水族館なし、
ゲーセンもなし、
食べ放題的なお店も、
フードコートもないです。

もちろんブランド・ファッションテナント、高級レストランもテナントに多数入っていて魅力的な施設に間違いないのですが、渋谷のど真ん中、渋谷駅の真上だからなのか、エンタメ度はそれほど高くはないように感じますね。

唯一のものは?

展望施設は絶対的にこの施設が持つ差別化要因です。

展望施設+屋上施設がこれだけ大規模なのは、都心では六本木ヒルズぐらいしかないです。

渋谷スカイってどんな感じ?

特徴的なテナントは?

・東急ハンズ
・TSUTAYA
・ゴンチャ

コンビニで言うお弁当的なマグネット商品的な位置付けにはなりそうなのは以下3店舗です。

「東急ハンズ」

東急ハンズは改めて言うまでもないのですが、どうしても行かないと売ってないものや、サービスがありますよね。

遠いんだけどわざわざ東急ハンズまで行くってことあると思います。

東急ハンズに向かう人の一定の流れはできそうな気がします。

区役所の方にある東急ハンズまで行かなくても、渋谷駅の真上に東急ハンズがあるって嬉しすぎます。ワークショップが駅の真上なら便利すぎますね。

横浜駅との比較ですが、数年前に駅からちょい歩く場所から、横浜駅のど真ん前のモアーズに東急ハンズが移転してきたことを喜んだ人は多いはずですが、それと同じくらいのインパクトはあります。

「TSUTAYA併設のスターバックス」

いわゆるブックカフェです。

また横浜と比較ですが、横浜みなとみらいの「TSUTAYA併設のスターバックス」では、未購入のTSUTAYAの書籍を自席で読み放題のシステムということもあり、営業時間中は常時座れる席がないくらい混んでいます。(夜中の2時まで混んでます)

もし、みなとみらいと同じシステム(未購入の本を自席で読み放題)だったら、相当な集客力持つんじゃないでしょうか。。

どのくらいの広さかほんと気になります。

渋谷駅で、ちょい時間が空いたら、スタバで未購入の本読んでいくか!ってなる人相当いると思う。

台湾茶の「ゴンチャ」

タピオカミルクティーです♪

すでに渋谷のモディにありますが、確実に行列ができるお店ですので、周辺のテナントにも相乗効果はありそうです。

おそらく1Fの南側(渋谷ストリームと連結するデッキの下)、国道246前にゴンチャができるようです。

渋谷スクランブルスクエア1F南側、ゴンチャオープン前

まだ、お店のロゴが隠されていましたが、フォルム的にゴンチャですよね。

ゴンチャスクランブルスクエア店

ゴンチャのロゴ

タピオカ、ゴンチャのロゴ

また横浜駅との比較ですが、横浜駅の地下伊勢丹にあるゴンチャはすでに新しい待ち合わせ場所として機能しています。

(行列ができて目立つので、待ち合わせスポットになってしまっているという。。)

この場所も一定のスペースがあって、座るところがあるので、スクランブルスクエアのゴンチャも、待ち合わせ場所になるのでは??

展望台の渋谷スカイってどんなとこ?

展望施設のある高層ビル、複合施設というと、個人的には横浜のランドマークタワーなのですが、どうせ同じようなもんでしょ?!と思っていました。

参考:渋谷スカイ専用エレベーターへの行き方

渋谷スカイの専用エレベーター前渋谷スカイへの行き方(東口はちょいわかりにくいかも・・)

ですが・・比較してみたら意外な発見も。。

データだけで比較してみるとこんな感じ(渋谷スカイと横浜のスカイガーデン)

渋谷スカイ スカイガーデン
料金 2000円 1000円
高さ 47階 69階
屋根なし展望設備 あり なし
屋内の展望設備 あり あり
エンタメ設備 あり なし
レストラン カフェ、バー カフェ、バー

料金は渋谷スカイが倍ですが、23時までやってたり、都心のど真ん中ですので、ある程度は理解できる金額かと。

横浜との一番の違いは、渋谷スカイは屋根のない展望施設ということ

屋内の窓から見える眺望ではなく、ガラスを通さないリアルな眺望です。

しかもハンモックで寝そべるスペースがあったり、イベントやったりと、風強そうで怖いんですけど、、だいぶアクティブですね。

でも、風が強そうでちょっと怖いです。

渋谷駅周辺では、
マグネット屋上、
まだ壊されていない東急百貨店東横店の屋上
東急百貨店本店の屋上庭園
西武の屋上(現在閉鎖中)

と屋上展望施設はいくつかあるものの、渋谷スカイとは規模感に段違いに差があります。

ただ、あまりにも、渋谷スカイの規模感すごすぎて、逆にピンと来ない?みたいな心配もちょっとあります。(すごいのは分かるけど・・)

個人的には渋谷マグネットの屋上あたりが、ちょうどよい眺望のような気もします。